2011年07月08日

#265 『東京公園』ーゾンビの倒し方がわかったよー

この一週間、ずーっと扁桃腺炎で苦しんで、
満足に食べ物がのどを通らないので、ぐった
りして寝るしかない状態だった。だから、ブ
ログは相当おろそかにしてきた。いちおう毎
日の場所だけ「確保」したけど、なんか借金
が貯まったみたいで嫌だ。

ちょっと回復の兆しが出てきたから、その借
金を埋めれば良いんだけど、なんせ、金が入っ
たら借金返すより、まず遊んじゃうタイプだ。
だから、まず新しいブログを書いちゃおうと。
せっかくだから、日記じゃないのを書きます。


『東京公園』見ていて、「今まで行った公園
をたどるとアンモナイトになる」には楽しく
なった。うわ、らせん階段かと思った。

『最も危険な遊戯』とかで松田優作が敵の本
拠地に乗り込むとき、らせん階段をじりじり
登って行く。それを村川透監督は、「時間の
経過を表した」って言っていて、高校生の時、
なるほどなあと思った。そういえば、それ以
前のギャング映画とかだと、ヒーローは敵の
アジトにポンと現れるものだったかなあと。

だから、アンモナイト=らせん=時間の経過
と結びついてしまった。そっか、時間か。そ
ういえば、志田杏子さんの写真集のタイトル
は「時間」だ。

写真は、時間を止めて切り取るものかなと思
う。写真の中の時間は止まるわけだ。そして、
それはすぐに「失われるもの」だ。失うこと
が惜しくて、写真にとどめておこうとする。
でも、写真に残ったことは、それがすでに失
われたことを意味してしまう。光司の部屋に
ある大きな志田杏子さんの写真は、それが失
われたものであることを表すんだと思う。写
真の中の杏子さんは、目の前にあるものを切
り取り「失われたもの」とすべく構えている。
あれが、この映画すべての象徴で、「ご本尊
様」なんだなと思った。写真に撮られ「失わ
れたもの」とされること、逆に、写真に収め
「失われたもの」をとらえること、この行為
が重要なんだなと思う。

初島さんは、自分の仕事中に公園を散歩する
百合香さんを写真に残すことを光司に依頼す
る。それは、自分の知らない百合香さん、つ
まり失ったものを残しておこうとすることだ。
でも、百合香さんはとどまらない。らせんの
ように時間を重ねていく。

さらに、らせんの一つ一つの点である公園に
は、小宇宙のように独立した時間が流れてい
るようだ。風と音、それが時間の流れを表す
んだと思う。公園の中では、百合香さんのま
わりで風と音が流れてる。だから、それは初
島さん自身がその小宇宙の中に入って、その
時間の流れの中で写真として切り取らなけれ
ば、「失われたもの」とすることができない。
光司が写真として切り取った時間は、光司の
中での「失われたもの」でしかない。

この映画の中で、写真に残ったものは「失わ
れたもの」で、写真に残っていないものは、
「失われていないもの」なんだなと思う。大
島の家に飾ってある写真が面白かった。父と
母と美咲さんが写ってる。光司はいない。た
ぶん、光司が撮ってるってことなのかなあと
思うけど。つまりは、光司は「失われていな
いもの」。というより、写真に収め「失われ
たもの」をとらえる魔力を持つもの。「時間」
という魔法の本を作った「ご本尊様」といっ
しょの能力だ。

そうそう、原作は確か「ケイジ」なんだけど、
なんで映画は「光司」なんだろうと思ったけ
ど、そっか、「光」ということか? カメラ
は、光をとらえるものだもんね。「一瞬の光
をとらえる」って言うけど、それは、時間を
止めることで、さらには「失われたもの」と
することか。だから光を司るわけか。

でも、ヒロは、メモリの中の写真に残ってい
なかった。写真集「時間」をめくりながら、
ヒロは、止まっていないし失われてもいない
ことを憂いているように見えた。ヒロは、な
んかホラーっぽいゲームやってたけど、あれっ
て、死ぬように見えて永遠に死なないもんだ
もんね。だから、そんなのが富永が見るゾン
ビとかのDVDにかかわるのかなあと思った。
ヒロを「失われたもの」とすることができな
い富永は、あきらめて、ずっととどめないよ
うにしようとする…のかな。それがDVDを
見ることなんだと思う。でも、最後に「そん
なのごまかしですよ」と言うとおりなんだけ
ど。

そりゃ、「失われたもの」になるほうがいい
のだ。喪失感は充足感につながる。失わなけ
れば、永遠に満たされない。まず穴があかな
ければ埋められないのだと思う。だから、ま
ずヒロは「失われたもの」としなけりゃなら
ない。でも、写真に撮れないし。これは面倒
だ。で、そのことについて、ヒロは、「きっ
かけ」があるとかナントカ言ってたんじゃな
かったか。

あ、美咲さんのこと忘れてた。美咲さんにとっ
て、光司は「失われていないもの」だ。穴を
あけてしまって、他のもので満たさなければ
ならないのに、それができない。だから、光
司が美咲さんを写真に収め「失われたもの」
としてとらえることで、進行していく時間を
とどめなければならない。風が吹いたままに
してはいけない。

…と、肝心なところ、派手にすっ飛ばしたん
で、ネタバレのようでネタバレじゃないつも
りです。そうでもないか。

で、ゾンビの倒し方ですが、写真に撮ればい
い。そうすれば、「失われたもの」として葬
り去ることができるのです。思い出の中のゾ
ンビは、攻撃できないのですよ。



posted by TcinemaholicT at 22:37| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。