2011年08月01日

#289 2011-7月の超・本命映画は『デビル』と『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』

**7月(2011.7.1~7.29)に見た映画
31本のなかでイチバン良かったのは、
『デビル』と『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』

今月は、強烈な洋画2本。

『デビル』は、怖くて面白かったー。バッと
電気が消えて、次の瞬間何かが起こってるっ
ていうのが面白い。巧いなあと思った。

『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』
は、すさまじい映画だった。押しまくり。こ
れ、編集段階でカットしてるのかなあ。

2本とも、久々に興奮できる映画でした。

***2011-7月に見た映画***

【◎本命】
デンデラ
酔拳 レジェンド・オブ・カンフー
サンザシの樹の下で
ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2 3D
コクリコ坂から
大鹿村騒動記
デビル
トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン

 ◇『大鹿村騒動記』は、古風なフリして新しめ
  なところもあり。『デンデラ』は、獣臭い映
  画。こういう映画は珍しいと思う。『サンザ
  シの樹の下で』『コクリコ坂から』は、ヒロ
  インの描き方がイイと思った。

【○対抗】
鋼の錬金術師 嘆きの丘と聖なる星
水曜日のエミリア
ナニー・マクフィーと空飛ぶ子ブタ
トワノクオン 第2章 混沌の蘭舞
実写版 忍たま乱太郎
チョン・ウチ 時空道士
モンスターズ 地球外生命体

 ◇『モンスターズ 地球外生命体』は、『未知
  との遭遇』に近いと思ったんだけどなあ。
  『水曜日のエミリア』は、ナタリー・ポート
  マンがオスカー取らなかったら、見られなかっ
  たろうな。
  『トワノクオン』は、面白くなってきた。

【▲単穴】
ハングオーバー!!史上最悪の二日酔い、国境を越える

 ◇ちょっと期待しすぎた。チャウ以外スカスカ。
  なにしろ、ヘザー・グラハムが出てないし。

【△連下】
マイティ・ソー
小川の辺
アイ・アム・ナンバー4
BIUTIFUL ビューティフル
ラスト・ターゲット
メタルヘッド
グッド・ハーブ

 ◇『BIUTIFUL ビューティフル』がちょっと苦
  手。木に竹を接ぐようなイメージ。たぶん、
  この監督が嫌いなんだと思う。

【×穴】
死ね!死ね!シネマ
ムカデ人間

 ◇『死ね!死ね!シネマ』は、すごく面白かっ
  たけど、映画作りのことわからないから。
  『ムカデ人間』は、期待裏切られすぎ。こん
  なもんだったのかー。ケツの穴にアタマ突っ
  込めよ。ラストあたりの日本語のセリフが最
  低。


【切り】
RONIN POP
スペイン一家監禁事件

 ◇『RONIN POP』は、冒頭のアクションは良
  かった。ほんとにそれだけ。強烈にミスキャ
  ストすぎ。
  『スペイン一家監禁事件』は、実験映画。一
  家のドラマと犯人のドラマが最低すぎる。

【競走除外】
エクソシズム
ロック わんこの島
怪談 新耳袋殴り込み!劇場版〈関東編〉
イグジット・スルー・ザ・ギフト・ショップ

 ◇『イグジット・スルー・ザ・ギフト・ショッ
  プ』は、この映画を見ている観客自身も作品
  の一部にされちゃいそうでイヤ。だったら、
  最低の評価を与えるのが礼儀というモノ。
 「全く面白くない映画でした」。案外、芸術に
  ついての映画じゃない気もする。
  『エクソシズム』の作り手は『エクソシスト』
  をしっかり見るべきだと思う。
  『怪談 新耳袋殴り込み!劇場版〈関東編〉』
  は、でかい文字で説明していくやり方が最低。
  そういうのは、テレビでもビデオでも嫌い。
  『ロック わんこの島』は、不愉快。

**以上、今月は31本でした。



posted by TcinemaholicT at 09:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。